こむら返りが起きた時まずすること

こむら返りが起きた時まずすること

こむら返りが起きた時は、まずはふくらはぎの場合は筋肉を伸ばすことが必要となります。
こむら返りが起きた時に、ひとりでいる場合と他に誰かがいる時でも対応が違って来るでしょう。
特に、ひとりでいる時にこむら返りが起きた場合は、まずは落ち着くことが必要です。しかし、慌ててしまうという人も多いようですね。

 

●ひとりでいる時にこむら返りが起きた時
寝ている時の場合は、まずは起きます。起きてから、足の親指をつまみ、その指先を手前に倒します。
ゆっくりと引っ張る時に、痛みを感じる手前で止めると、ふくらはぎの筋肉が伸びて行きます。
この時に大事なのは、ふくらはぎにちからを入れないことです。
この一連の動きを数回繰り返すことで、段々痛みは減って行きます。

 

足の指をつまむことができない場合は?
この場合は、壁に足の裏をつけて膝を伸ばすことが効果的です。

 

●スポーツ中に起きた時
まずは、そのスポーツをするのを中止します。
ふくらはぎにちからを入れずに、ふくらはぎを伸ばすようにしましょう。
あまりにも痛みが激しい場合は、消炎鎮痛剤を塗ると効果的です。スプレータイプも多く発売されていますから、スポーツの時などはこのタイプが使いやすいでしょう。