こむら返り基礎から発展まで!知りたい人注目の実況中継

こむら返りになる理由

こむら返りになる理由って何だろう?ふとそんなことを考えた時に、こむら返りを起こす人と起こさない人がいることを知りました。
そうなんです、こむら返りって起きると嫌なものだけれど、起きた時の対策法は考えるけれど、起こさないための対策法やどうして起きるのかは二の次ということが分かります。
できれば、起きた時の対策法を学びながらも、どうして起きるのか?そのメカニズムとかも知っておいた方が本当の意味での予防となるでしょう。

 

こむら返りになる理由はいくつかあって、

  • 妊娠中
  • 運動の後
  • 栄養不足
  • 血行不良
  • 加齢
  • 何らかの病気によるもの

というような理由が挙げられます。だいたいは、この中の理由にあてはまるようです。何をしても解決できないというような場合は病気が隠されているのかもしれません。
また、こむら返りが起きる頻度も重要で、酷い人は毎日起きるというような人もいますし、滅多に起きないというような人もいます。
こむら返りが起きる時は、寝ている時の場合もありますし、日中の活動中の場合もあります。それぞれタイプがありますから、自分が何が原因で起きているのかを知ることが重要です。
なんとなくの他人の話を鵜呑みにすることなく、こむら返りにはパターンが多数ありますから、それを知ることから始めましょう。

 

こむら返りでお悩みの方

こむら返りに隠された病気

こむら返りには、その理由が一般的なものではなく、何らかの病気により起こされているということがあります。
その病気として名前がよく上がっているのが、高血圧、糖尿病、腎臓の病気、筋肉や神経の病気、甲状腺の病気などが挙げられます。

 

一般的には、こむら返りが起きる理由が栄養不足や運動不足などあらゆる原因があるので、病気が隠されているということを最初から考えるということはあまりしません。
もちろん、上記に挙げた病気などを実際に治療しているとか、上記に挙げた病気が考えられる症状があるという場合は疑ってかかります。
ですから、病気の裏にこむら返りがあるということは意外と見つけるのが遅れがちで、こむら返りを治療するという方法を取ってしまい、本来の病気の治療が遅れがちとなります。
このことから言えることは、こむら返りだからと言って、その理由をこれとひとつだけに決めることはしない方がいいということです。

 

現在、こむら返りになったことが一度もないという人も、年齢を重ねることによってこむら返りが起きてしまうという人が増えて来ます。
ということは、こむら返りは誰しも起きる可能性が高いということが言えるのですから、事前の知識を得ておいた方がよさそうです。

こむら返りが起きる場所について

こむら返りはどの場所に起きるのか?ということについて考えて行きましょう。
こむら返りが起きやすいのは、ふくらはぎです。ふくらはぎには、ひふく筋というものがあります。このひふく筋の運動神経が何らかのきっかけで緊張してしまい、急激に高ぶるために起こる現象です。
筋肉が収縮したまま弛緩しない状態となるために、かなりの痛みがあります。人によって痛みの感じ方は異なりますが、多くの人は激痛もしくは耐えがたい痛みだと言います。
大人が激痛だと言うのですから、これはかなりの痛みです。そして、それを解消したいですし、いつもその痛みが起きてくると痛みに対する恐怖感が芽生えます。
そうなると、毎日を楽しめなかったりストレスになってしまいます。

 

この他にも、こむら返りが起きる場所というものがあります。
それは、足の裏や指です。これらの場所の方がこむら返りを起こすという人もいます。
こむら返りが起きる場所をまとめてみました。

  • 太もも
  • 膝下の外側の部分
  • 足の裏や指
  • すね

など、足に多く特に膝から下に起きる場合が多いようです。
そして、これらのこむら返りの起きる場所というのは、単独で起きる場合もありますし、複数が一緒に起きるということもあります。

こむら返りはいつ起きる

こむら返りが起きるのはいつなのか?ということになりますが、特に多いのは夜中いわゆる睡眠中に起きる人が多いようです。
お昼寝の間の昼間に起きるという人もいます。
では、どうして睡眠中にこむら返りになりやすいのか?ということになりますが、睡眠中は6時間〜8時間くらいの間、運動量が少なくなってしまいます。
日中の運動量に比べて、寝返りをうつくらいしか運動をしないということになります。
このことから、運動不足になってしまい、体温は低くなりがちです。
体温が低くなると、筋肉の反応が鈍くなってしまうためにこむら返りを起こすと言われています。
また、日中と比べて重力が掛からない状態が長時間続くので、こむら返りが起きやすくなると言われています。
理由としては、

  • 体温が低くなると筋肉の反応が鈍くなる
  • 運動量が無いために、体温が低くなる

このような理由が基本としてあるようです。
ですから、運動量のがあまり無い高齢者はこむら返りをお起こしやすいのかもしれません。

 

また、こむら返りは睡眠中だけでなく、運動中になることもあります。運動をしていて、急に足にこむら返りが起きて倒れ込むという人を見たことがある人は多いと思います。
これは、原因が少し違って来ます。

 

寝ている間に足がつる方へ

関連したサイト